法人の取り組み

○法人のスローガン
「 わかちあう 街、人、笑顔(^^) 〜ともに生き 想いつなぐ やさしい明日へ〜 」

○法人がめざすもの
「人も街ももっとやさしくなるために 暮らしを分けあうやさしい街づくり」をスローガンに、1990年(平成2年)4月に社会福祉法人昴は設立されました。
この街に暮らす障害ある人、そうでない人、すべての人たちにやさしい「まちづくり」をめざし、地域のみなさんと一緒に歩んできた四半世紀でした。
そして今、これからもずっとそうでありたいと願い、新たな思い(スローガン)を抱きながら、法人や事業所を越えた地域資源、関係機関との連携や協動を更に進め、街全体が「一つの福祉サービス事業所」となれるよう多くの方と力を合わせて取り組んで行きたいと思っています。

○「良い施設よりも良い町づくり」をめざして
 障害ある方やその家族が安心して地域で生活できるよう地域自立支援協議会や相談支援のしくみが重要だと考えます。
「ともに暮らし、支え合う」共生社会への推進は、これまでの施設中心、専門機関が中心となった福祉から、誰もが地域での支え合い、障害の有る無しにかかわらずに安心して生活の出来る地域づくりへと変わっています。
 当法人は、誰にとっても優しい、思いやりのある共生のまちづくりのための仕組みを作っていきたいと考えています。


○地域自立支援協議会と法人事業所イメージ

概要自支協版地域自立支援協議会と法人事業所イメージ(PDFデータ26k)

○法人単独事業図

法人単独版法人事業図(PDFデータ23k)


○共生社会への歩み −コミュニティとアソシエーション−
社会福祉法人昴は、町づくりの取り組みとしてこれまで様々なイベントを通じて障害ある方々の理解の推進に取り組んできました。しかし、福祉の枠組みからの発想や企画、啓発・啓蒙を目的としたイベントは、自分たちの枠組みから離れることができず、結局、障害ある方をこの枠組みに縛ることになっていたかもしれません。
 そうしたことを踏まえ、地域の仕組みやサービスが充実することをコミュニティづくりと考え、また、互いに支え合い共に生きる人のつながりをその中身と考えました。
 これまで本業としてきた医療と福祉サービスの充実に努めることは箱づくりで、その中身である人とのつながりをより大切にすることが必要だと考え、共通の目的や関心を持つ人々の輪(=アソシエーション)をつないでいく取り組みを始めました。
 これまで取り組んで来た障害ある方のアートやロックなどの表現活動、ソフトボールチームの結成、お洒落・コーディネイトなどを箱の中身として、スタッフ一人一人が持つ趣味や特技を障害ある人自身の夢や希望とつないで、地域の輪の中で広げ、大きな野望としていきたいと思います。
 そうすることが結果として、共生社会のへと歩みを同じくするものだと考えています。

NPO法人かうんと5
武蔵嵐山を舞台にしたマスクマンたちの摩訶不思議な物語。
⇒ホームページ。

⇒フェイスブック


NPO法人jogo
レクリエーション支援、多目的なライブハウスの運営など公益活動に取り組んでいます。
⇒ホームページ

⇒フェイスブック


ROCK&ART(LIP-NET@Saitama)
埼玉で、音楽や芸術を通じたパフォーマンスによって”障害”というのステレオタイプのネガティブな価値感を一蹴したいと願う活動です。
⇒ホームページ

⇒フェイスブック


武蔵野プリティープリンセス
日本初の女子だけの障害者ソフトボールチーム発足!!
⇒フェイスブック


障害者ライブパフォーマンス推進委員会(LIP−NET)
障害がある方などのライブパフォーマンスを応援する全国ネットワークです。
⇒ホームページ


サルサガムテープ
花園ロックンロールショー(2013)以来、ロック&アートイベントに毎年出演頂いております。
⇒ホームページ



SIDE MENU